Googleでの検索で「地名 + ”名所”」といれて検索すると見栄えのよい感じで、その地域の名所一覧が検索結果の上部に表示されるようになりました。

6月の上旬では海外のみだったようですが、現在は日本のサイトでも表示されています。(海外SEOサイトより

 

 

地名&名所での事例

例えば「京都 名所」で検索すると下記のような表示で、京都の見所がピックアップされて一覧表示されるようになっています。

わかりやすくていいですね。

京都の名所一覧表示

 

また「東京 名所」で検索するとこんな感じです。

東京の名所一覧表示 google検索

 

試しに「静岡 名所」で検索してみましたが、残念ながら、上記のような表示にはなりませんでした。

ただし「富士宮 名所」では富士山を筆頭に表示されています。鹿児島や鎌倉などの名所も表示されていますね。

静岡はまだ富士山はあるんですが、まだそれほどの認識ではないのか? ちょっと残念なところです。

徐々に増えてくるのかもしれません。

富士宮の名所一覧表示

 

 

主にはメジャーな都市のみのようです。 

それほどでもない観光都市の場合、例えば私の地元島根の松江や、金沢あたりですと、下記のような表示で名所が表示されています。

松江の名所一覧表示

 

 

さて皆さんの地元では表示されていますでしょうか。

 

本の著者での事例

ほか「作者名 著書」で検索しても同じような表示となって一覧がわかりやすいです。

下記の例は「稲盛和夫 著書」で検索した画面です。

稲盛和夫の著書一覧表示

 

お試しください。

 

 

勉強会開催情報

IT勉強会情報(静岡、浜松、豊橋、群馬)

静岡の(有)アイ・リンク・コンサルタントでは、静岡・浜松・豊橋・群馬伊勢崎にてWEB勉強会「駿河友の会」を開催しています。

検索エンジン対策、画像加工方法、アクセス解析、Facebookなどwebに関する最新情報と設定方法など様々なテーマで実施しています。ご興味のある方は弊社事務局までお問合わせください。 
TEL 054-205-3320。

過去に開催した勉強会テーマは下記よりご確認できます。

平成25年度の勉強会テーマ

平成24年度勉強会テーマ

平成23年度のweb勉強会テーマ

平成22年度のweb勉強会テーマ

今回はGoogleが無料で提供しているサービスで、Webフォントというサービスの利用方法をご説明いたします。 すぐに設定方法に進みたい方はこちら

Google Web fontの概要

特殊な文字を画像ではなくテキスト情報のままで表示させることができますので、検索エンジン対策上も有効といわれています。

設定にあたってはテンプレートなどを変更せずに、ブログ記事の中で行えますので、安心して設定できます。ただし部分的にソース表示(プログラムのコード表示)にしての設定が必要ですので、多少難しそうにみえますが・・。

下に表示されているものがWebフォントの事例です。以前ですとこういった字体はphotoshopなどで画像として作成して挿入する必要がありましたが、このWebフォントという技術を使用すると文字情報として扱うことができます。よって文字の変更も簡単です。文字情報のままですので、下事例の文字を選択すると文字としてコピーができます。(以前だと再度photoshopで加工しなおす必要がありました)

 

This is Google Web font! Please try it!.

通常ホームページを表示する際は個々のパソコンに保存されている通常のフォントを使用してホームページを表示しています。下の事例の字体や手書き文字風な字体は、ホームページを作成する管理画面で選べたとしても、閲覧者のパソコンに入っていなければ反映はされません。そんため、画像にしてその字体を表示させていました。

Webフォントという技術では、GoogleのWebfontの場合であれば、文字を表示する際、閲覧者のパソコンの字体を使用せずに、Googleのサーバから字体の情報(データ)ダウンロードして表示させているというイメージです。

 

まずは実際に使ってみましょう。

 

Google web fontの設定方法

設定方法の手順の概要

  ※コードを貼り付ける際はフォーマットを”なし”にする。

 

大まかには上記の3つの手順です。

 

Google Web Font サイトでフォントの選択

GoogleのWebフォントを提供しているサイトへいってみましょう。

 Go to Google Web font

Google web fontサイト

上記のサイトの中からまずは好きな字体をひとつ選択してみましょう。

 

選択したフォントのコードをコピー

ここでは例として上から6番目の”Fondamento”という字体を選んでみました。下記左端の赤枠。

Google web fontで字体を選択

次に選択した字体の右側に表示されている”→”矢印のようなマークをクリックします。(マウスを上にかざすと”Quick-use”と表示されるアイコンです)

すると新しいページが表示されますので、そのページの「3」と「4」に表示されているコードをコピーしてメモ帳などに貼り付けておきます。(タブで開いている方はそのタブを残しておいてもよいです。)

googlewebfontコードの取得

 

ブログ管理画面でコードを貼り付け

2つのコードをコピーしたら、次にブログまたはホームページの管理画面を開きます。ここではブログ(Movable type Ver5)で説明します。

選択した字体を表示させたい記事(もしくは新しい記事)の編集画面を表示します。

その際にフォーマットを”なし”に選択しておきます。※リッチテキストのままだとうまくいきません。

ブログ管理画面の表示ここで本文欄に、”3”のコードを貼り付けます。(<link  で始まっているコード)

下のような感じです。

googlewebfontのコード貼り付け

ここで一旦フォーマットを”リッチテキスト”に戻して、英文で文字を入力してみましょう。※半角英数字です。日本語対応ではないため。またリッチテキストに戻すと、コードが見えなくなりますが、問題ありません。

下図のようになると思います。

文字入力文字を入力したら、再度フォトーマットを”なし”に戻し、Google Webフォントのサイトでコピーした”4”のコードを貼り付けていきます。

まずフォーマットを”なし”に戻すと下記のように入力した文字の前後にタグ<p></p>などが表示されるはずです。

管理画面の表示

上の例では<p>と</p>というタグは挿入されています。

ここで”4”のコードを貼り付ける前準備として、コードを追加します。

<p>となっているのを<p style="">となるように style="" を追記します。※これも必ず半角です。

次にダブルコーテーションマーク2つの間に事前にコピーしておいた”4”のコードを貼り付けます。

結果、<p style="font-family: 'Fondamento', cursive;"> のようになります。

googlewebfontのコードを貼り付けた画面この状態で「公開」もしくは「更新」をすれば、ブログ記事として表示されるはずです。下記のような感じです。

webフォントの埋め込み完成

どうでしょうか。うまくできましたでしょうか。

一度試してみればできそうな気がするかと思います。

是非ほかの字体でも試してみてください。

今回のGoogleのwebフォントは英語のみですので、日本語で行いたい場合は無料のものや有料のものなどありますので、別のサイトからコードを取得して張り付けることになります。

「webフォント 日本語 フリー」などで検索するといくつかでてくると思います。

 

過去の記事について

過去のGoogle フォントの設定方法の記事へ(若干Google webfontのサイトが変わっています)

Webフォントの概要を書いた記事

 

 

静岡の(有)アイ・リンク・コンサルタントでは、静岡・浜松・豊橋・群馬伊勢崎にてWEB勉強会「駿河友の会」を開催しています。

検索エンジン対策、画像加工方法、アクセス解析、Facebookなどwebに関する最新情報と設定方法など様々なテーマで実施しています。ご興味のある方は弊社事務局までお問合わせください。 
TEL 054-205-3320。

過去に開催した勉強会テーマは下記よりご確認できます。

平成25年度の勉強会テーマ

平成24年度勉強会テーマ

平成23年度のweb勉強会テーマ

平成22年度のweb勉強会テーマ

 

よろしくお願いいたします。

Googleのアクセス解析ツール google analyticsでホームページにアクセスのあったキーワードを確認する方法を簡単にご説明します。

 (検索エンジン対策の基本についてはこちらを参照ください。)

google analyticsのサイトにアクセスし、ログインします。
ログイン後対象のアカウントから確認したいホームページのアクセス解析画面を開きます。
下図のような画面が表示されると思います。(標準レポートを選択されていない場合、画面上部のオレンジ色の部分の”レポート”をクリックしてください。)

初期状態では集計期間が1ヶ月になっておりますので、これを3ヶ月から6ヶ月くらいに変更しておきます。(1ヶ月ですとデータの数が少ない為。適宜変更してください。)

下図の赤枠部分をクリックします。

 

Google analytics 期間の変更

 

下の画面が表示されますので3ヶ月前(もしくは6ヶ月)の日付を入力し、”適用”ボタンをクリックします。

アクセス集計期間の変更

 

次に、左メニューの中から「トラフィック」→「参照元」→「検索」→「オーガニック検索」の順にクリックしてください。

アナリティクスキーワードの確認画面

 

すると下記のような画面が表示されます。最初はアクセスのあったキーワードの訪問数の多い順に並んでいます。ここで「訪問時の平均滞在時間」もしくは「直帰率」の部分をクリックします。(下図では滞在時間をクリックしています) これで滞在時間の多いキーワード順に整列されます。

滞在時間順に並べ替え

※キーワードのなかにnot providedというのがあると思いますが、これはGoogleにログインしている状態で検索した場合、キーワードが取得できなくなっており、その分の集計です。キーワードのnot providedの記事へ。

この中で新規の割合が高い、(新しく検索エンジン等から入った人)キーワードは、ページの改善によりアクセスを獲得できるいいキーワードになる可能性があります。

※表示件数がデフォルトでは10件ですので、適宜画面下の”表示する行数”で50や100に変更してください。

キーワード一覧 表示件数の変更

 

該当のキーワードのどのページに当たるかを確認します。「セカンダリディメンション」をクリックし、「トラフィック」「ランディングページ」とクリックし、そのキーワードがどのページに該当するのか確認します。

セカンダリディメンションでランディングページの確認

 

下記がそのキーワードとランディングページの一覧です。下の図でランディングページのURLの右横にあるアイコンをクリックすると該当のページが開きますので、実際にページを確認してみましょう。

キーワード別ランディングページの各指標

 

対象のページのタイトル、meta descriptionを確認しましょう。文中などにはそのキーワードが入っていると思いますが、キーワードやmeta descriptionなどに入っていなければ、入れてみるといいです。

検索エンジンの基本的な事項についての記事もご確認ください。

 

===  Google analytics アクセス解析の関連記事  ===

アドバンスセグメントなどの使い方についての記事

コンバージョンまでの日数を確認する記事はこちら。

コンバージョンまでの経路の確認方法はこちら。

目標設定を行う方法の記事

 

写真の撮り方&画像加工講座のご案内

 

2013年3月10日(日)、JR清水駅でしみず防災フェスタ2013が開催されます。東北における大震災の復興支援と防災関連の情報満載のイベントです。どうぞお立ち寄りください。

 

静岡の(有)アイ・リンク・コンサルタントでは、静岡・浜松・豊橋・群馬伊勢崎にてWEB勉強会「駿河友の会」を開催しています。

検索エンジン対策、画像加工方法、アクセス解析、Facebookなどwebに関する最新情報と設定方法など様々なテーマで実施しています。ご興味のある方は弊社事務局までお問合わせください。 
TEL 054-205-3320。

過去に開催した勉強会テーマは下記よりご確認できます。

平成24年度今年度の勉強会日程及びテーマ

平成23年度のweb勉強会テーマ

平成22年度のweb勉強会テーマ

 

よろしくお願いいたします。

こんにちは、簡単にコマーシャル動画を作成できるサービスで「コマーシャライザー」というサービスがありましたが、2013年3月末日をもってサービスを終了されるとアナウンスされました。

コマーシャライザーのサービス終了日ですが、コマーシャライザーサイトに「3月28日をもって終了」とアナウンスされました。

もしこのコマーシャライザーで作成された動画をご利用の方は、事前に動画ファイルを各自のパソコンに保存できるようになっているそうですので、事前にダウンロードしておいてください。

詳しくは「カンタン動画作成サイトコマーシャライザー」のご案内をご確認ください。

 

同じように動画を作成するソフトで駿河友の会・三遠友の会・群馬友の会では以前Windows Liveムービーメーカーをご紹介しておりますが、そちらをご利用ください。マイクロソフトの無料の動画作成ソフトです。

三遠友の会で作成した動画

こちらは群馬友の会での動画作成の模様。

 

操作方法につきましては、友の会会員の方は専用サイトへアクセスいただき、下記リンク先のページにレジメを掲載しておりますので、ご確認ください。

友の会会員専用サイト Windows Liveムービーメーカー編

※上記サイトへのアクセスには、友の会会員に発行していますIDとパスワードが必要です。

動画作成後にyoutubeなどの動画サイトにアップする必要があります。youtubeサイトへのアップロード方法については、以前の「動画設置方法」の記事をご参照ください。

 

写真の撮り方&画像加工講座のご案内

 

静岡の(有)アイ・リンク・コンサルタントでは、静岡・浜松・豊橋・群馬伊勢崎にてWEB勉強会「駿河友の会」を開催しています。

検索エンジン対策、画像加工方法、facebookなどwebに関する最新情報と設定方法など様々なテーマで実施しています。ご興味のある方は弊社事務局までお問合わせください。 
TEL 054-205-3320。

過去に開催した勉強会テーマは下記よりご確認できます。

平成24年度今年度の勉強会日程及びテーマ

平成23年度のweb勉強会テーマ

平成22年度のweb勉強会テーマ

 

よろしくお願いいたします。

静岡市コラボ金融5(ファイブ)中心市街地活性化企画チーム主催の第1回セミナー「SNSを活用したまちづくり支援セミナー」終了いたしました。ご出席の皆様ありがとうございまいた。
次回は「売れる商品開発 マーケティング思考によるブランディング」というテーマで株式会社販売促進研究所代表の杉山浩之様が担当されます。こちらもどうぞご参加ください。

 

2013年1月18日(金)18:30から静岡市まちづくり支援センター(ミライエ)で、静岡市の中心市街地活性化策の取り組みとして、Facebookを活用した「まちづくり支援セミナー」が開催されます。

このセミナーの主催は「静岡市コラボ金融5(ファイブ)中心市街地活性化企画チーム」で、(株)静岡銀行スルガ銀行(株)(株)清水銀行静清信用金庫しずおか信用金庫公益財団法人静岡市まちづくり公社静岡市の行政、金融機関が連携し取り組まれている組織です。

まだ枠が残っているようですので、静岡地区の方、どうぞお申込みください。

SNSを活用したまちづくり支援セミナーご案内ページ

静岡市まちづくり支援センターホームページでもご案内されています。

 

まちづくり支援セミナー ミライエ 2013年1月18日開催チラシ

久しぶりの記事の投稿となりました。

Googleの検索結果において、そのブログ記事の作成者(著者情報)が表示されるようになって久しいですが、GoogleのUSサイト(Google.com)での検索では、著者の他の情報を見るためのリンクが表示されるようになりました。

著者情報の設定方法に関する記事

 

下記画面ですと赤枠の部分となります。

著者のその他の記事へのリンク

 

赤枠部分をクリックすると記事の作成者(著者)が作成した記事(ページ)の一覧が表示されるようになります。

また画面右側には私のプロフィールが表示されるようになっています。

著者の作成ページ一覧

 

上記図の私のプロフィール部分ですが、Google+の基本情報で「紹介」欄に記載した文章が表示されますので、わかりやすい文章に変更しておkとよいかと思います。

 

Google+基本情報編集

 

ぜひお試しください。

 

Google+に関するその他の記事

今回も弊社サービス「すこぶるCMS」でも利用している、Movable Typeへの動画の埋め込み方法を簡単にご説明いたします。
動画をyoutubeにアップロードして、埋め込みコード(ソース)を貼り付ける作業はどのホームページでも同じなので、参考にしてください。

 

※動画(スライドショー)を作成する場合の画像加工についてはPhotoshop elementsによる画像加工の記事を参照ください。

※無料画像加工Webサービス adobe社のPhotoshop express editorによる画像加工の記事もご参照ください。

 

Youtubeへの動画アップロード

動画を作成したら、まず制作した動画をyoutubeにアップロードしてください。

※youtubeのアカウントを取得し、アップロードします。 この詳しい方法はyoutubeなどのサイトでご確認ください。

動画をyoutubeへアップロードしたら、以下の手順でコードをコピーし、すこぶるCMSの管理画面から貼り付けます。

 

youtubeのサイトでアップロードした動画を選択し、編集画面を表示させます。

次手順で設定を行っていきます。

(1)共有ボタンをクリックし、

(2)埋め込みコードをクリックします。 

(3)表示されたコードを全てコピーします。

 

youtube 動画アップロード

 

次にコピーしたコードをすこぶるCMSの管理画面を開き、設置したいブログ記事に貼り付けます。

※この際に注意として、かならず、ツールバー左上の「ソース」ボタンをクリックしてソースモードにして貼り付けてください。

このあと、更新ボタンと再構築を実施すれば終了です。

 

埋め込みコードの貼り付け

 

 

Youtube動画事例

実際に動画を設置したすると下記のようになります。ご参照ください。

 

※昨年の三遠友の会の際に、Windows Live ムービーメーカーで作成したスライドショーです。

 

このように動画を作成してしまえば、youtubeへアップロードして簡単に動画を埋め込み、貼り付けることができます。

youtubeへ貼り付けると検索エンジンにもyoutubeへアップした画像が表示されることもありますので、そちらの効果も見込めるようになります。

 

興味のある方はぜひ参考にして、挑戦してみてください。

 

youtube動画を活用した企業(商品・サービス)ブランディングについては専門家派遣対応やセミナー講師などの対応が可能です。ブランディング手法などはyoutubeブランディング戦略のページもご確認ください。
 

静岡の(有)アイ・リンク・コンサルタントでは、静岡・浜松・豊橋・群馬伊勢崎にてWEB勉強会「駿河友の会」を開催しています。

検索エンジン対策、画像加工方法、アクセス解析、Facebookなどwebに関する最新情報と設定方法など様々なテーマで実施しています。ご興味のある方は弊社事務局までお問合わせください。 
TEL 054-205-3320。

過去に開催した勉強会テーマは下記よりご確認できます。

平成25年度の勉強会テーマ

平成24年度勉強会テーマ

平成23年度のweb勉強会テーマ

平成22年度のweb勉強会テーマ

今回はよくご質問をいただきます弊社サービスすこぶるCMSの画面でリンクを挿入する方法をご説明しています。 Movable TypeでもプラグインのCKエディターが入っていれば、同様の方法でリンク挿入ができますので、参考にしてください。

 

最初にリンク先のページを開き、アドレスをコピーしておきましょう。 もし同じサイトの中のページであれば、実際にそのページを開くなくても、管理画面から対象のブログ記事を開き、アドレスをコピーすることも出来ます。(下図参照) 

タイトルの下に記載されています、「ハイパーリンク」のアドレスがそのページのアドレスになります。※一度記事を公開しないとこのハイパーリンクのアドレスは表示されませんので、ご注意ください。

 

link120528.gif

 

次にリンク元になる文字を入力します。 下記の場合は「静岡のIT勉強会駿河友の会のご案内サイト」と入力します。

入力しましたら、その文字列を選択し、ツールバーの「リンク挿入」ボタンをクリックします。

 

linkkanri03.gif

 

画像の場合は画像を選択してリンク挿入ボタンをクリックします。(下図参照)

 

link1205282.gifのサムネール画像

 

下記ハイパーリンクの設定画面が表示されますので、URL欄にリンク先のアドレスを入力します。 制作中のサイトの別ページであればそのページのアドレスをいれることもできます。もちらん外部のサイトでもOKです。

このあと「OK」ボタンをクリックすれば設定完了です。

※リンク先のホームページを別の新しいウインドウで表示させたい場合は、上部のターゲットタブをクリックします。

 

linkkanri04.gif

 

下記ターゲットを設定する画面が表示されますので、「New Window(_blank)」を選択しOKボタンをクリックして設定終了です。

 

linkkanri05.gif

 

結構簡単にリンクを挿入することができますので、一度ごお試しください。

 

 

 

静岡の(有)アイ・リンク・コンサルタントでは、静岡・浜松・豊橋・群馬伊勢崎にてWEB勉強会「駿河友の会」を開催しています。

検索エンジン対策、画像加工方法、facebookなどwebに関する最新情報と設定方法など様々なテーマで実施しています。ご興味のある方は弊社事務局までお問合わせください。 
TEL 054-205-3320。

過去に開催した勉強会テーマは下記よりご確認できます。

平成24年度今年度の勉強会日程及びテーマ

平成23年度のweb勉強会テーマ

平成22年度のweb勉強会テーマ

 

よろしくお願いいたします。

ちょっと前にGoogleから新しい機能として発表されていましたGoogle+ローカルというものがあります。

 

Google+ローカルの検索やインターネット上の情報で見ていますとGoogleマップ()とGoogle+ページが統合されたような感じのようです。社名などで検索すれば当社(アイ・リンク・コンサルタント)でもGoogle+ローカルのマップのページが表示されてきます。

Google+ローカルではおそらく、主に飲食店向けの機能のような感じがします。 飲食店関係であればマップと統合してきちんとGoogle+ローカルのページとしてもっていたほうがよさそうです。(今いち理解ができていないかもしれません)

 

ところでこのGoogle+ローカルで表示されるレストランなどで、Googleでログインしたままクチコミ記事を投稿すると、投稿した本人の顔写真も表示されるようになっています。ログインしていない人でも見れるので、ちょっと記事を投稿に気をつけないといけない感じです。

 

Google+ローカルにて(通常のGoogle検索でもいいのですが)試しに静岡市で焼肉店で検索したある店舗に書き込みをしてみました。

静岡市の焼肉店 「おんどる」で検索すればでてくると思います。 (plus.google.com)  おんどるのGoogle+ページ

google+ローカル

 

クチコミ数が3件と表示されていますが、このうち1件が私がクチコミをいれています。

 

googlelocal032.jpg

 

検索結果から、その店舗のGoogle+ページにはいって、Google+ページを表示させます。

googlelocal02.gif

 

クチコミ欄をみてみると、下記写真のように顔写真付きで(しかも実名入り)で投稿された内容が表示されています。写真までついてきますので、あまり悪い意見は書きにくいですね。 (もちろんこの店舗の料理が悪いわけではありません)

 

googlelocal03.gif

 

Googleのいろいろな機能・サービスが統合されてきた結果だと思いますが、実名であるがゆえに正しい意見となるということにもなってきますので、一時期あった「やらせ投稿」などはしにくいのかも知れません。 

特にこういった情報が増えてくれば、知っている人が誰がいったことがあるのかがわかるので、聞きやすいということも考えられます。

 

Googleもソーシャルなサービスとの一体を進めているようです。

先日の記事でご紹介したナレッジ(知識)グラフの表示はGoogle.comのサイトで見れていましたが、「オリンピック」というキーワードで検索すれば、日本語Googleサイトでも、ナレッジグラフのような表示になっていますね。 (オリンピックのみに特別なものかもしれませんが)

下記がGoogle.co.jpで「オリンピック」と検索した検索結果画面です。

画面右サイドにロンドンオリンピック2012と表示され、日程と各日程の競技種目が表示されるようになっています。

このような検索結果がでてくると非常に便利ですね。 一度「オリンピック」で検索してみればわかりますが、次から次へと進んでいけるので、目的の情報に到達するまでに時間が短くなってきます。

ナレッジグラフが本格導入されてくれば、おそらくこのような検索結果が表示されてくると思われるので、非常に便利になると思います。

(以前の記事のSMAPで検索したときの表示も似たような感じでわかりやすかったです。SMAPで検索した画面

 

「オリンピック」で検索した検索結果画面。 日程と競技種目が表示されています。 

例えばサッカーをクリックすればサッカーの日程が細かく表示されます。 Google.comの英語サイトでも同じです。

Googleでオリンピックで検索

 

下記画面がサッカーをクリックした際に表示される画面です。

次28日にスウェーデンと試合があるのがわかりますね。 ちなみに日本の「JPN」をクリックすると獲得メダル数が表示されます。

ナレッジグラフのような表示です

 

こちらがその獲得メダル数の画面です。  

獲得メダル数の表示

 

こちらは水泳競技をクリックした場合の画面ですが、世界記録やオリンピック記録に関する情報も記載されています。 平泳ぎなので北島康介選手の名前が表示されていますね。

水泳の競技種目の表示

 

前回の記事でGoogle.comのサイトでSMAPを検索した場合のナレッジグラフ(知識グラフ)の表示の例を記載しましたが、このように次から次へと最初の検索キーワードの関連情報から欲しい情報を探していけるので、今後の検索も本当に便利なものになっていくかもしれません。 SMAPでの検索画面

 

今のところは日本のGoogle検索サイトではこのオリンピック情報と地理的な情報のみのようですが、英語でのデータベースはあるようなので、本格的な展開も早そうですね。

 

ちなみに次回駿河友の会、三遠友の会ではセマンティックwebについての勉強会となります。 知識グラフなどにも触れますので会員の皆様はぜひご出席ください。

駿河友の会へのお問い合わせ

有限会社アイ・リンク・コンサルタント

TEL 054-205-3320   お問い合わせページ

運営者

リンク