2012年3月アーカイブ

Googleアナリティクスはアクセス解析のツールとして有名なものですが、この分析の際メルマガやfacebookの投稿から実際にどれくらいのアクセスがあったのか確認することも可能です。

メルマガやfacebookの投稿でリンクをつけて配信する際に、アドレスの後ろに”?xxxx”とクエスチョンマークをつけて、その後ろに何か自分で区別する為の文字列をいれておけば、クエスチョンマーク以後の文字列はアドレスとしては無視されます。よってリンク先へはアクセス可能です。

このあとGoogleアナリティクスでクエスチョンマーク以後の文字列のあるページのランディング数をみれば、どれだけの人がfacebookの投稿やメルマガから入ってきたのかを把握できます。

-------------------------------------------------------------------

Google Analyticsのキャンペーン項目で確認できる
URLの生成ツールによる作成方法に関する
記事へ

-------------------------------------------------------------------

例えばfacebookの投稿でfacebookからだとわかるように末尾に「?fbp」とつけて投稿します。

facebookへの投稿

 

この末尾に文字列を付加したアドレスはこのfacebookの投稿でしか使用していない為、googleアナリティクスでこの文字列のランディングページを検索すれば、実際にどれくらいの反応があったかを確認することができます。

 

googleアナリティクスでの確認

 

上記図のように20訪問があり、ページビューや滞在時間などを把握することができます。

 

この方法でいろいろと応用が出来ると思いますのでお試しください。

 

-------------------------------------------------------------------

Google Analyticsのキャンペーン項目で確認できる
URLの生成ツールによる作成方法に関する
記事へ

-------------------------------------------------------------------

以前の記事でご紹介していますが、Google検索でSSL(暗号化)され始めているため、その影響でGoogleアナリティクスにてキーワードの取得ができなくなってきています。

 ※ちなみにGoogleアナイティクスでキーワードを確認する記事はこちらです。

この駿河友の会のサイトでみてみますと、2か月前の1月23日~2月22日までの検索ではキーワードの中にnot providedという表記はありません。しかし2月23日から3月22日までの検索結果ではキーワードのトップにnot providedというものが入っています。これが取得できなかったキーワードで、全体の9.36%という結果です。
 
1月23日~2月22日
Googleアナリティクスキーワード
 
矢印
 
2月23日~3月22日
Googleアナリティクスキーワード最新 not provided急増
 
取得キーワードでnot providedがトップになってきました。
 
この取得できないキーワードはGoogleにログインしているユーザーが検索している数ということですので、このサイトへアクセスユーザーの約10%近くの方がGoogleにログインしているということになります。
 
この傾向も今後のGoogle+やGoogleの他のサービスの普及によっていろいろと影響がでてくると思われます。
 
このキーワードについてはウェブマスターツールで確認することができますので、今後not providedが増えキーワードの確認ができづらくなった場合は、ウェブマスターツールを利用することになりそうです。
 
 
 

===  Google analytics アクセス解析の関連記事  ===

アドバンスセグメントなどの使い方についての記事

コンバージョンまでの日数を確認する記事はこちら。

コンバージョンまでの経路の確認方法はこちら。

目標設定を行う方法の記事

 

 

 

静岡の(有)アイ・リンク・コンサルタントでは、静岡・浜松・豊橋・群馬伊勢崎にてWEB勉強会「駿河友の会」を開催しています。

検索エンジン対策、画像加工方法、アクセス解析、Facebookなどwebに関する最新情報と設定方法など様々なテーマで実施しています。ご興味のある方は弊社事務局までお問合わせください。 
TEL 054-205-3320。

過去に開催した勉強会テーマは下記よりご確認できます。

平成24年度今年度の勉強会日程及びテーマ

平成23年度のweb勉強会テーマ

平成22年度のweb勉強会テーマ

 

よろしくお願いいたします。

今回はウェブマスターツールのご紹介記事です。

Googleのウェブマスターツールにはいろいろな機能がついていますので、サイトの状況を確認することができます。今回はその一つ、サイトのパフォーマンス(サイトの読み込み速度)の確認です。
Google.comではこのサイトの読み込み速度はわずかばかりランキング決定のアルゴリズムに反映されているそうですので、ちょっとは注意してみておく必要があるでしょう。
 
サイトのパフォーマンスはウェブマスターツールの左メニューの一番した「Labs」の中にあります。
ここをクリックすると下記コメントと画像が表示され、自サイトのサイト読み込み速度がどれくらいか確認することができます。
 

パフォーマンスの概要 サイト内のページの平均読み込み時間は 2.7 秒です(更新: 2012/03/22)。 全体の 54% にあたるサイトよりも速い読み込み時間です。 これらの推定値の精度は低です(データ ポイントは 100 未満)。 このチャートは、サイトでのページの平均読み込み時間の過去数か月間に渡る推移を示しています。参考用にサイト全体の 20 パーセンタイル値も表示しています。この値を境に読み込み時間は早い(遅い)とみなされます。 

サイトの読み込み速度
 

 
 
この駿河友の会のサイトでは平均2.7秒という結果でした。全体の54%よりも早いということで全体の中間地点という感じですが、もう少し早くなるようにしても良いのかもしれません。画像のサイズなど気を配っておいたほうがよいですね。

群馬で友の会開催

| コメント(2) | トラックバック(0)

2012年3月10日に群馬県伊勢崎市にて友の会(Web勉強会)を実施しました。

今回は群馬での2回目の勉強会です。3月の確定申告前とあって忙しいなかお集まりいただき、ありがとうございました。

今回の勉強会ではマイクロソフトのWindows Live ムービーメーカーを利用した動画作成を行いました。 このツールを使用すれば写真のみを利用して簡単に動画を作成することができます。

本格的な動画作成の前にまずはこういった簡単なツールを利用して、取り組んでみてはいかがでしょうか。

 

以前クラウドサービスの紹介でDropboxというサービスをご紹介しました。 このサービスは無料で2GBのディスク容量が利用でき、なんといっても便利なところが複数台のパソコンとインターネットのサーバのデータなどをすべて同期させて保存しておくことができることです。

ですので会社のデスクトップパソコンと出張用のノートパソコン、それからインターネット上のサーバと3つの複製を持つことができます。

昨年の震災でもデータ消失の問題がでていましたが、データのバックアップをいくら会社内にとっていても会社の倒壊や火災、津波などの被害があった際にはいくらDVDなどメディアや外付けHDDなどに保存しておいてもなくなってしまうケースが考えられます。

現在会社で使用していますパソコンなどのデータがなくなった際、もちろん倒壊や火災などで紙文書もなくなる可能性がありますが、その時に業務が続けられるようにしておかなければなりません

震災があってもかならず復旧し、継続して仕事をしていかなければ生活をすることができませんから。
今、会社のパソコンがすべて壊れて、紙文書もなくなってしまったと仮定したら、明日から仕事できますか?多少はこういったことも頭の隅にいれておきましょう。

facebookユーザーの利用に関しての調査をまとめた「ソーシャルメディア白書2012」が発行されたようです。

facebookの利用者に関して様々データが紹介されていましたので、いくつかピックアップしてご紹介します。

利用者の年齢別の利用率ですが、一番多いユーザー層が男性では20代、次いで30代、10代、40代と続いていきます。また女性では10代、20代、30代と年齢別に利用率は少なくなっており、現時点では若い層での利用が増えているようです。

 

facebook利用者数 比率

facebook 利用者の性・年代別利用率 (ソーシャルメディア白書2012より)

実名登録が基本のfacebookですが、実際のところは実名登録されている人が約65%ということのようです。この点も利用者の年齢層によって利用目的も違うことから、比較的年齢層が上の場合は実名登録が増えてくるのではないでしょうか。

またプロフィール写真に自分の写真を使用しているかどうかでは約40%の方が自分の写真を利用しており、思ったよりも少ない印象です。自分自身のつながりの中では、ユーザー層の影響やビジネス目的で入られた方が多いため自分自身の写真利用の方がおおいです。私としてはそのほうが安心感があるという印象を受けます。

 

facebookユーザーの利用実態に関するMarkezine記事

 

※都合により明日16日から20日までブログ更新をお休みします。

2012年3月11日(日)静岡市のJR清水駅 みなと口のイベント広場で「しみず防災フェスタ2012」が開催されました。私も1日お手伝いをさせていただきましたが、ご来場のみなさま、スタッフのみなさんの強い思いが実現させた素晴らしいイベントでした。

このしみず防災フェスタ2012は、食品会社経営の松本剛さんと畳店経営の坪井秀樹さんがインターネット(facebook)上で呼びかけ、企画・実施されました。

昨日は本当に1日よい天気で多くの方がこのイベントに訪れていました。地震・津波被害は決して他人事ではありません。いつ自分も番がくるかもわかりませn。お互いに助け合って、協力し合える世の中になるといいですね。

人間どうしても時間とともにこういった防災意識も少しずつ忘れてしまうものです。 東北で被災された方々への支援の思いと、自らの防災の意識、普段からの防災対策など、この機会に思い出して、自らを振り返ってみましょう。

静岡県の防災関連の危機管理情報サイトがあります。静岡県も東海地震に備え、様々な取り組みをしていたり、体制を整えているようです。こういった情報も知らない方も多いのかもしれません。ぜひご覧ください。

静岡県のサイトに我が家の防災チェックリストも掲載されています。

 

震災のあった時刻には、来場された一般の方々も含めて約500名の人の輪を結び、黙とうをささげました。被災され犠牲になられた方々の冥福と速やかな復興の祈りを込めて。

今回のしみず防災フェスタの模様はエスクリエイトさん配信のUstreamでも閲覧が可能です。また今朝の新聞にも掲載されましたので、そちらの記事もご覧ください(静岡地区の方)。

 

しみず防災フェスタの模様は下記サイトで配信されています。

しみず防災フェスタUstream配信サイトへ(エスクリエイトさん配信)

しみず防災フェスタ

(静岡新聞2012年3月12日紙面より)

 

また、しみず防災フェスタに関する詳しい情報は下記のホームページでもご確認いただけます。

しみず防災フェスタサイト

しみず防災フェスタfacebookようこそページ

静ラボサイトにも情報が掲載されています。

静岡市清水区イベントページ

 

JR清水駅で開催されるイベント(シミフェス)はこちらのページに掲載しています。

運営委員の畳店坪井さんはシミフェスの売上金も被災地へ寄付されています。

今日で東北の大震災から1年が経過しました。過ぎてみるとあっという間だったという気もしますが、実際に被災された方々にとっては大変に心を痛め、ご苦労をされた1年であったかと想像します。おそらく実際にその場にならなければわからないつらさだと思います。

そういう中でも、ニュースでは復興の足音が聞こえてくるような話題もニュースで取り上げられたりしています。早く東北の地が復興することを願いたいと思います。

この3月11日には全国各地で震災に関する催しが開催されると聞いています、ここ静岡でも復興祈念のイベントとして「しみず防災フェスタ2012」がJR清水駅みなと口イベント広場にて開催されます。

当日は様々な催しが企画されていますので、お近くの方はぜひこの「しみず防災フェスタ2012」へお越しください。

このイベントのチラシを受け取られた方はぜひ裏面のチェックリストなどご活用いただき、防災にたいする意識を再確認してはいかがでしょう。

しみず防災フェスタの模様は下記サイトで配信されました。

しみず防災フェスタUstream配信サイトへ(エスクリエイトさん配信)

 

静岡市の防災関連情報は静岡市防災対策課ホームページもご確認ください。

 

しみず防災フェスタチラシ表 しみず防災フェスタチラシ裏

 

しみず防災フェスタに関する詳しい情報は下記のホームページでもご確認いただけます。ご参照ください。

しみず防災フェスタサイト

しみず防災フェスタfacebookようこそページ

静ラボサイトにも情報が掲載されています。

静岡市清水区イベントページ

 

しみず防災フェスタに関する過去のブログ記事

今回も検索エンジンGoogleに関する情報ですが、ブログなどで記事を書き続けることが非常に大切だということの記事がありました。

この記事によりますと100記事を超えたあたりからかなり検索からのアクセスが急に伸びだしてきたとのことです。ただしこの際注意したいのが記事の内容です。できるだけそのホームページの特色にあった記事を書くことが必要です。

私のこのブログを書くようになって数か月たちましたが、確かにある程度の記事量がたまってからアクセス数は増えてきています。想定した以外のキーワードから入ってきているユーザーもいることもあり、この効果というのは本当に確かだと思いますので、是非ブログ記事を日々書いていくことをお勧めします。

 

駿河友の会ホームページ(ブログ含む)アクセス数

ブログ記事がたまってきて3ヵ月を超えた11月中旬くらいから増加傾向が見えてきました。

駿河友の会 アクセス数

 

こちらが現状のインデックス数(Googleに登録されているページ数)です。

駿河友の会インデックス数

 

ページ数が増えてほぼ毎日更新しているため、現状1日約160ページ検索エンジンからクロール(検索エンジンが訪問)してきています。1日160ページですので、約3日で全ページ(445ページ)見ている計算になります。

駿河友の会 Googlebotクロール数

 

Web担当者フォーラム記事へ (記事下のほうに記載あり)

Googleの検索に暗号化(SSL)の対応がされ始めたようです。 

ただしあくまでもログインをしているときのみですが。 これにより、今後の検索時でのキーワードの取得ができないくなるようですので、注意が必要です。ただしWebマスターツールでは引き続き取得が可能ですので、そちらで確認することになります。

Googleの記載では全体の検索の約数%程度という影響のようですので、それほど心配の必要は無いかもしれませんが、Google+の伸び(ログインしたままの方が多くなってきます)によってはキーワードの取得ができず不便を感じることがでてくるかもしれません。

 

通常のログインしていない際は下記キャプチャ画像のようにアドレスの部分はhttp://から始まっていますので通常のセキュリティ(暗号化)のかかっていません。

google12030801.gif

 

ログインせずに検索した場合のキャプチャ画像。 アドレスの部分もSSLがかかっている状況ではないです。

google12030803.gif

 

こちらがログインした状態での検索画面です。 赤枠のようにhttps://となって末尾に”s”が付き、暗号化されているのがわかります。

google12030802.gif

 

冒頭でも記述しましたが、Google+に参加しているとログインしたままになっている人が増えてくる為、今までのようにGoogleアナリティクスでキーワードが取得できなくなることが増えてきますので、ちょっと不便な印象を受けます。アナリティクスが非常に便利なだけに・・・。

暗号化対応による検索エンジンキーワード取得の影響を記載したページ

google12030804.gif

 

今後のGoogle+の動向も気になるところです。

ソーシャルメディアの炎上については1月の駿河友の会でテーマにあげてグループ討議を行いました。 炎上というとまずはTwitterがあげられるかと思います。どうしても匿名登録でも可能ということで、誰が発言しているのかわからないはずということの安心感から、思いのまま発言して問題がおきてしまうようです。

Facebookですと実名登録ということもあり、そういった炎上という問題が発生しにくいこともありますが、それでも公の立場と私の立場での発言の区別ができないため、問題がでたケースがありました。

読売新聞ニュース記事(フェイスブックで不買運動)

奈良県の職員の方が、産経新聞の不買運動をもちかけた事例ですが、私という立場であれば、いろいろな意見をだしてもかまわないと思いますので、その立場ならよかったのですが。実名ということで公の立場での発言と取られてしまうことがどうしても発生してしまうことは念頭においておかなければならないことです。

これには多少日本特有の特徴として良いも悪いもあるかとは思います。ただし、実名登録であるがゆえに、他の人からの発言のとらえられ方については、公も私の区別なくとらえられてしまうことに注意をしておくことが必要だと思います。

宮城県大崎市でのホームページセミナーで再び訪問。今回で4回目です。

ここ大崎市職業訓練センターでは昨年の震災以降、地震対策としてセミナー終了後はディスプレイを写真のように机の下において、揺れでディスプレイが倒れて破損するのを防止されています。 これは賢明な対策ですね。

 

地震対策

地震対策でディスプレイを床に伏せて防止。

今回の受講生の方が持参された商品を撮影です。 前回より会社から送った撮影キットを使用しライティングが可能となりました。

やはりライティングひとつでできた写真の質が変わるようです。

ホームページ素材の写真撮影

 

こちらはD90で撮影した写真です。レンズは標準ズームを使用しそれほど明るいものでないので、ボケ味はあまり出ていませんが・・・。

D90での撮影

facebookページの表示が仕様変更され、個人のアカウントページと同様にタイムライン表示となりました。

といっても現状は自分から設定を変更しませんと、タイムライン表示になるわけではありません。弊社の中小企業支援のフェイスブックページと駿河友の会・三遠友の会のフェイスブックページは、試しにタイムライン表示に変えたため、若干なれるまではみづらいと思います。

この変更は3月31日で強制的に全フェイスブックページで切り替えとなります。

中小企業IT支援フェイスブックページ

駿河友の会・三遠友の会フェイスブックページ

駿河友の会フェイスブックページ 中小企業IT支援のフェイスブックページ
駿河友の会フェイスブックページ 中小企業IT支援フェイスブックページ

 

駿河友の会のフェイスブックページの画像ですが、表示がおかしいため小さな画像を入れたり、いろいろ試しましたが、画像の位置やサイズがうまく変更できない状況です。また現時点では画像を変更しても切り替わってくれないです。また、途中でフリーズしてしまうため、現状は多少みづらい画像となってしまっています。すみません。

この変更に関していろいろなメディアでも指摘がありますが、フェイスブックとしては基本の双方向のメッセージ交換を主体としたツールに戻そうという意図があるとでていましたが、機能的にはまさにそのような感じがします。 本来の双方向のコミュニケーションをとれるようにしないといけないですが、ちょっと多忙になると、FBを開く時間が短くなっている状況ですので、これはいけませんね・・・。

ところで、ファイスブックの仕様変更が結構頻繁にあるようで、特にアナウンスもないため、今までできていたことができないなど様々なお問い合わせをいただくこともありますが、不明な点も多いのが現状です。(特にフェイスブックの質問ページにもないため、情報がないものが多く、「○○ができなくなっている」という情報はWEBにはでていたりしますが・・・。) この点改善してもらいたいです。

 

上記の情報は下記サイトにも掲載されています。この記事の中ではwelcomeページがなくなったとも書いてありますが、画面上部に移動しており、あるにはあります。

フェイスブック仕様変更に関するブログ記事

 

またfacebookページのカバー画像を作成する際の注意の記載された記事をご案内します。

カバー画像のサイズ: 851px × 315px 

カバー画像の規約に関していくつか注意しなければならない(掲載してはいけない)情報がありますので、注意が必要です。

 

カバー画像に関する注意点(公式ガイドより) ※上記リンク先に日本訳があります。

*Cover photos cannot include:
A. Price or purchase information, such as “40% off” or “Download it at our website”.
B. Contact information such as a website address, email, mailing address, or information that should go in your Page’s “About” section.
C. References to Facebook features or actions, such as “Like” or “Share” or an arrow pointing from the cover photo to any of these features.
D. Calls to action, such as “Get it now” or “Tell your friends”.Covers must not be false, deceptive or misleading, and must not infringe on third parties’ intellectual property 

2012年3月10日(土)に群馬県伊勢崎市で群馬地区の友の会(Web勉強会)を開催いたします。

再度のアナウンスになりますが、ご出席予定の方、ご確認ください。

今回のテーマは「動画作成」となります。マイクロソフトの無料の動画作成ツールWindows Live ムービーメーカーを使用することにより簡単に写真を利用した動画作成(今回はスライドショー)を作成できます。

また、群馬・埼玉地区の方で、ご興味のある方はぜひお問い合わせください。この勉強会は今年度は試験運用ですが、来年度は定期的にweb勉強会としてホームページに関する様々なテーマで開催することを検討しています。

※2012年4月以降も群馬県伊勢崎市地区で勉強会を開催しています。開催日程は友の会開催日程ページをご確認ください。
第1回目は
ビジュアルマーチャンダイジングに関してのマーケティング及びデザインに関しての講座で開催しました。

過去の勉強会の開催テーマは下記ページをご参照ください。

平成24年度の勉強会テーマページ

平成23年度の静岡地区web勉強会テーマ

平成22年度の静岡地区web勉強会テーマ

 

お問い合わせ先: 有限会社アイ・リンク・コンサルタント 駿河友の会運営事務局

アイ・リンク・コンサルタントへのお問い合わせ

 

群馬web勉強会 動画作成編 概要

 

日 付 2012年3月10日(土)
時 間 13:30~16:30
講 師 (有)アイ・リンク・コンサルタント 
スタッフ予定
会 場

群馬県伊勢崎市 群馬伊勢崎商工会 赤堀支所 2F

※パソコンを持参ください。
またできれば事前にWindows Live ムービーメーカーをダウンロードください。

対象者  友の会会員の方  ※入会希望の方はお問い合わせください。
お問い合わせ

有限会社アイ・リンク・コンサルタント
運営事務局 お問い合わせページへ
TEL:054-205-3320

 

アクセスマップ

群馬伊勢崎商工会 赤堀支所
群馬県伊勢崎市西久保町2丁目98
TEL:0270-62-0224


大きな地図で見る

2014年3月9日(土)JR清水駅イベント広場で開催されました「しみず防災フェスタ2014」は無事終了いたしました。ご来場いただきました皆様、ありがとうございました。
防災に対しての意識を高め、東北の震災被災者の方々への支援を引き続きよろしくお願いいたします。

しみず防災フェスタ2014 2014年3月9日(日)開催

しみず防災フェスタ2014に、JR清水駅みなと口にて開催予定です。(会場への地図) 

 

2014年のしみず防災フェスタは3月9日(日)JR清水駅みなと口にて開催されます。

当日のスケジュール等はしみず防災フェスタホームページをご覧ください。
しみず防災フェスタ2014ホームページ

東日本大震災から3年経ち、忘れかけている防災意識を高め、身の回りの防災用品、避難経路、連絡網など再確認してはいかがでしょう。
のどもと過ぎれば・・などといいますが、どうしても日がたってくると、地震の可能性の高いと言われている静岡でも当事者意識が薄れてきているのではないでしょうか。
これを機会にしっかりと家族や職場の状況もご確認ください。こういった意識、防災知識の一つ一つがいざという時に役に立つはずです。
 (防災知識をしっかりと学びたい方は防災士という資格にチャレンジしてはいかがでしょう)

 

非常持ち出し品チェックリストへ

備蓄品チェックリストへ

公的機関の防災関連情報(リンク先にいくつかの防災関連サイトを紹介しています)

 

企業にとっても防災の意識をしっかりと持ちたいものです。BCP計画などしっかりと事前準備を怠らないようにしましょう。
先週の大雪では大変ご苦労をされた方もいらっしゃる方もいるかと思います。心よりお見舞い申し上げます。

そういった際の対応もBCP計画に盛り込むなどの対応も、場合によっては必要かと思います。
静岡県でもいろいろとBCP計画策定支援のプランを用意していますので、静岡県のホームページもご参照ください。
静岡県BCPに関する支援のページ

 

2013年開催の記事へ

2012年開催の記事へ

 
清水駅、三保海岸のウォーキングゴミ拾い、チームつながりもブースを出します。
しみず防災フェスタ2013(2013年3月10日開催)
 

2013年のしみず防災フェスタについては東北部会所属の柳本さんが、しみず防災フェスタ2013ホームページを制作されています。(アドレスが変わっています 2013/2/12更新)そちらをご確認ください。

しみず防災フェスタ2013は2013年3月10日(日)AM9:00から、JR清水駅みなと口イベント広場・芝生広場で開催されます。皆さんぜひご来場ください。

ここ静岡も南海トラフ巨大地震に関する被害想定では、かなりの確率での地震発生と被害予測が想定されています。決して他人事ではありません。
このイベントは昨年、東北地区における大震災の鎮魂と復興を祈願して、静岡市清水地区の有志の方(このページ下)が集って企画されたイベントです。この機会にみなさんも再度自分の身の回りなど防災に関するチェックをしてみましょう。
静岡市ハザードマップ
東日本大震災の復興状況などの関連情報(内閣府)

 

しみず防災フェスタ2013開催要領

 

下記のしみず防災フェスタHPは東北部会の柳本様が制作されています。500いいね!達成したとのこと。おめでとうございます!

しみず防災フェスタホームページ 2013

 

 

しみず防災フェスタ2013 開催要領

 
開催日時:
平成25年3月10日(日)9時00分~17時00分
 
開催場所:
JR清水駅みなと口イベント広場・芝生広場(JR 清水駅海側) アクセスマップへ
 
ステージスケジュール
 
時間 ステージプログラム
9:00 スタート
10:00 オープニング 矢倉太鼓保存会
10:30 清水袖師中学校吹奏楽部
11:00 庵原ジュニアコーラス
11:30 BEAT studio(キッズヒップホップ)
12:00 NICE TIME(スチールパン)
12:30 マウロアフラスタジオフラ
13:00 防災コント&安本氏講演
14:00 静岡県立庵原高等学校 吹奏楽部
14:30 Leoyaミュージック ファクトリー
14:46 ハンドレクイエム
15:00 Faith Band
15:30 爆音戦隊スンプレンジャー PEACE
16:30 エンディング 防災バンド
17:00 終了
 
イベント内容:
  • 東日本大震災の経験から東海地震に備えるべく防災講座
  • 消防署隊による消防車・地震体験車等の実演、自衛隊による車両展示・パネル展示・炊き 出し実演など、オフロードバイク隊による実演、救助犬がれき探索模擬、防災・震災関連 資料展示等
  • 静岡・清水から繋げようリング オブ ザ・ハンドレクイエム
  • (震災の起きた14:46 に、会場にいる全員が手を繋いで一分間の黙とうを行います)
  • 被災地へエールを!!地元元気印のバンド&ダンス競演などのステージイベント
  • (スンプレンジャー、矢倉太鼓、フラダンス、吹奏楽、コーラス、防災コントなど)
  • 防災用品協議会などによる防災グッズ実演コーナー
  • 東北支援ブース
  • 東北物産販売、チャリティーグッズ販売など
  • 東日本被災地への募金
  • チャリティーイベント
  • フリーマーケット
  • 地元業者の特選屋台
  • スタンプラリー(先着で景品がもらえます)
  • そのほか、防災意識を高めるための仕掛けを用意しています。
静岡県のサイトに我が家の防災チェックリストも掲載されています。こちらもご確認ください。
国土交通省の防災情報提供センター
こちらは内閣府の災害緊急情報のページです。
 
静岡市の防災関連情報は静岡市防災対策課のホームページ
大地震などが起きた場合の対処についても静岡市の防災対策課が情報を提供しています。
 
主催: しみず防災フェスタ実行委員会
Facebookしみず防災フェスタ2013 イベントページ
 
しみず防災フェスタ実行委員会 事務局
Fax.050-3488-8651
 
 
しみず防災フェスタチラシ
しみず防災フェスタ2013 チラシ

 

内閣府では地震が発生した際のシミュレーションができるサイトを用意しています。
この機会に自宅や会社などで起きた場合の状況を確認してはどうでしょうか。

揺れ方のシミュレーションから、発生する季節、時間、場所、天気、家族構成、地震の大きさを決めて起こりうるシナリオを確認することもできます。

内閣府 防災シミュレーションサイト

 

 

しみず防災フェスタ2012(2012年3月11日開催)

=== 下記は2012年3月に開催されたしみず防災フェスタの情報 ===

2012年3月11日(日)に静岡市清水区のJR清水駅みなと口 イベント広場にて「しみず防災フェスタ2012」が開催されます。このイベントは昨年の東北での震災復興を祈念してのメモリアルイベントです。

3月11日はどうも時間がとれそうですので、今回参加表明にも関わらず、出張が続いてご協力できなかったのですが、当日のイベントには参加してサポートしていきたいと思います。 

このイベントは、東北大震災から1年、東北での今回の被害は地震の多い静岡県としても決して人事ではなく、自分たち自身のこととして受け止めまければならないことも多いはずです。東北の震災でなくなられた方々や、ここ静岡での防災対策、被災地の復興に再度注意を促すため、静岡市清水区の有志の方(坪井畳店 坪井様、富士食品 松本様など)の声掛けに賛同した方たちが、集って企画され開催されますイベントです。

時間が経つとともに防災に関する備えも疎かになりがちなところがありますが、再度自身の防災対策なども見つめなおすいい機会としましょう。

ステージプログラムを見ましても様々なプログラムが入っていますので、近隣の方、震災復興になんらかのかたちで手をかけたい方などぜひご参加ください。

みなさんの気持ちがひとつになって、被災された方々への支援につながっていくと思います。

しみず防災フェスタ2012のチラシをPDFファイルにして下に掲載しています。裏面には非常時の持ち出し品リストや緊急連絡先などをまとめておく欄も掲載されています。 いざという時に必要なものですので、この機会にチェックしてはいかがでしょう。

しみず防災フェスタに関する詳しい情報は下記のホームページでもご確認いただけます。ご参照ください。

しみず防災フェスタサイト

しみず防災フェスタfacebookようこそページ

静ラボサイトにも情報が掲載されています。

静岡市清水区イベントページ

 

しみず防災フェスタの模様は下記サイトで配信されました。

しみず防災フェスタUstream配信サイトへ(エスクリエイトさん配信)

ほかにも下記サイトでこのしみず防災フェスタの模様は掲載されています。

静岡県男女共同参画センター「あざれあ」 ちょっとe情報ページ

※今年もあざれあナビに掲載されています。

 

公的機関の防災関連情報

静岡市の防災関連情報は静岡市防災対策課のホームページに様々な情報が掲載されています。ご参照ください。まずは日ごろの準備から、身の回りを見渡してみましょう。

静岡県公式ホームページにも防災関連の危機管理情報(静岡県危機管理部)サイトが掲載されています。静岡県も東海地震に備え、様々な取り組みをしていたり、体制を整えています。一度ご確認することをお勧めします。

この静岡県のサイトに我が家の防災チェックリストも掲載されています。ぜひ一度ご確認してはいかがでしょう。 見直すべき点や、最低限備蓄しておいたほうがよいものなど、再度身の回りをチェックできる良い機会になると思います。
このページの下に静岡県の防災チェックリストを記載しています。
防災用品関連の情報については静岡県防災用品普及促進協議会のサイトもご参考にしてください。

また静岡県の木造住宅耐震補強のナビゲーションサイトがあります。住まいに関する耐震情報が掲載されていますので、こちらもご参考にしてください。

静岡県耐震ナビ

 

またこちらの独立行政法人防災科学研究所が運営しています地震速報提供サイト「防災地震Web」では、全国で24時間以内に発生した地震の状況や現在の日本列島の揺れ(地震モニタ)の状況が閲覧できるページを提供しています。 

日本列島の揺れのデータは2秒に1回更新されているそうで、ほぼリアルタイムに日本全国の地震状況を確認することができます。

 

防災関連情報がインターネットで配信されています。

防災情報新聞(無料版)

また今では防災士という資格もありますので、ご興味のある方は、資格取得を目指してはいかがでしょう。
防災士サイトへ

しみず防災フェスタ2012 概要

開催日時 2012年3月11日(日) AM9:00~PM5:40
開催場所 静岡県静岡市清水区 
JR清水駅みなと口 イベント広場 地図を見る
主催 3.11震災復興祈念メモリアルイベント実行委員会
ステージプログラム

9:20 オープニング

9:30 挨拶

10:00 袖師中学吹奏楽部

10:30 防災ミニ講座

10:40 ShaAarp「幸せの種」

11:20 フラダンス(マウロアフラスタジオ)

12:00 庵原ジュニアコーラス

13:00 防災ディスカッション
     東日本大震災支援活動から学ぼう、東海への備え

14:30 ゴスペル(ヤマハ/レオヤミュージックファクトリー)

14:46 ハンド・レクイエム(ゴスペル)

15:00 爆音戦隊スンプレンジャーPEACE

15:45 ミニ防災講座

16:00 ShaAarp

16:30 エスパルスチャリティーステージ

17:00 平野有紀

17:10 エンディング震災メモリアルソング大合唱
     平野有紀はじめ出演者全員による大合唱
     メモリアルソングYoutube動画

17:40 終了

※会場には専用駐車場がございません。公共交通機関でお越しいただくか、近隣の有料駐車場をご利用ください。

 

しみず防災フェスタ2012 ~3.11震災復興祈念メモリアルイベント~ チラシ
(PDFファイル 364KB)
 

しみず防災フェスタ2012チラシ表 しみず防災フェスタ2012チラシ裏

非常持ち出し品チェックリスト

静岡県の防災課のサイトに記載されている非常時の持ち出し品リストです。 こういったことも日頃からチェックし、万が一のときに備えておくことが大切です。 家族みんなで防災意識を高めておきましょう。

□ 携帯ラジオ  
□ 懐中電灯  
□ 予備の乾電池  
□ ヘルメットか防災頭巾 
□ 非常食(3日分)  
□ 飲料水(持ち出し可能な分量)  
□ ライター、マッチ 
□ ティッシュペーパー  
□ ナイフ、缶切り  
□ スプーン、はし、カップ 
□ 下着、靴下  
□ 救急薬品・常備薬
□ 現金 
□ タオル  
□ 手袋 
□ 筆記用具  
□ 雨具 
□ 寝袋、毛布  
□ ビニール袋 
□ リュックサック  
□ 生理用品 
□ 靴またはスリッパ(夜枕元に置くとよい)

備蓄品チェックリスト

こちらは同じく防災課に記載されている備蓄品のチェックリストになります。ご確認ください。

□ 飲料水(1人1日3リットルが目安)   【非常持ち出し品の分とあわせて3日分程度】 
□ 食料品(非常持ち出し品の分と合わせて7日分程度) 
□ 衣類  
□ 卓上コンロ(ボンベ)  
□ ロープ 
□ 布製ガムテープ  
□ ビニールシート  
□ 簡易トイレ

 

開催場所の地図

静岡市清水区 JR清水駅 みなと口 イベント広場


大きな地図で見る

※会場には専用駐車場がございません。公共交通機関でお越しいただくか、近隣の有料駐車場をご利用ください。

多くの方のご来場をお待ちしております。

よろしくお願いいたします。

 

しみず防災フェスタ2014は2014年3月9日(日)に開催予定です。 

有限会社アイ・リンク・コンサルタントでは2012年3月22日(木)、23日(金)に中小企業のためのWebブランディングセミナーを開催します。場所はいつもの静岡市葵区のB-nest(ペガサート)7F です。 時間が18:30~21:00までとなりますので、地元静岡地区の方向けとなりますが、ご興味のある方はぜひご登録ください。

企業ブンディングセミナーお申込みページ

 

今回のこのセミナーでは課題本「小さな会社のブランド戦略」を読んで、ブランディングに関して討議形式で実施しますが、結構この本も読んでみて面白く、ためになる本でした。

 

小さな会社のブランド戦略 ブランディングセミナー開催

 

課題本:「小さな会社のブランド戦略」 
村尾隆介 著 PHP 1200円

 

働いている社員も皆、人のためになっているのを楽しみながら働いている状態になると、自然とブランドとなっていくのかもしれません。

ぜひこの本を読まれていない方はぜひ読んでみてください。

またWebによる企業ブランディングにご興味のある方はぜひ3月特別講座「企業Webブランディングセミナー」にご参加ください。

企業Webブランディングセミナーご紹介サイト

運営者

リンク