Googleアナリティクス キーワードでnot provided急増

| コメント(0) | トラックバック(0)

以前の記事でご紹介していますが、Google検索でSSL(暗号化)され始めているため、その影響でGoogleアナリティクスにてキーワードの取得ができなくなってきています。

 ※ちなみにGoogleアナイティクスでキーワードを確認する記事はこちらです。

この駿河友の会のサイトでみてみますと、2か月前の1月23日~2月22日までの検索ではキーワードの中にnot providedという表記はありません。しかし2月23日から3月22日までの検索結果ではキーワードのトップにnot providedというものが入っています。これが取得できなかったキーワードで、全体の9.36%という結果です。
 
1月23日~2月22日
Googleアナリティクスキーワード
 
矢印
 
2月23日~3月22日
Googleアナリティクスキーワード最新 not provided急増
 
取得キーワードでnot providedがトップになってきました。
 
この取得できないキーワードはGoogleにログインしているユーザーが検索している数ということですので、このサイトへアクセスユーザーの約10%近くの方がGoogleにログインしているということになります。
 
この傾向も今後のGoogle+やGoogleの他のサービスの普及によっていろいろと影響がでてくると思われます。
 
このキーワードについてはウェブマスターツールで確認することができますので、今後not providedが増えキーワードの確認ができづらくなった場合は、ウェブマスターツールを利用することになりそうです。
 
 
 

===  Google analytics アクセス解析の関連記事  ===

アドバンスセグメントなどの使い方についての記事

コンバージョンまでの日数を確認する記事はこちら。

コンバージョンまでの経路の確認方法はこちら。

目標設定を行う方法の記事

 

 

 

静岡の(有)アイ・リンク・コンサルタントでは、静岡・浜松・豊橋・群馬伊勢崎にてWEB勉強会「駿河友の会」を開催しています。

検索エンジン対策、画像加工方法、アクセス解析、Facebookなどwebに関する最新情報と設定方法など様々なテーマで実施しています。ご興味のある方は弊社事務局までお問合わせください。 
TEL 054-205-3320。

過去に開催した勉強会テーマは下記よりご確認できます。

平成24年度今年度の勉強会日程及びテーマ

平成23年度のweb勉強会テーマ

平成22年度のweb勉強会テーマ

 

よろしくお願いいたします。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.surugatomo.com/mt/mt-tb.cgi/429

コメントする