Photoshop elementsで画像加工 枠をつける

| コメント(0) | トラックバック(0)

画像加工の初心者向けの諸々の説明をさせていただいていますこのブログ、今回も画像加工編です。

文字装飾の記事はこちらです。

Photoshop elementsを使用した画像の加工で、デジカメで撮影した写真をホームページ用にサイズを縮小する方法は前回ご説明しました。

今回はその続きで、縮小した画像に、枠を付けてちょっとだけ見栄えをよくしてみようと思います。 その操作説明を以下に行います。

 

最終完成した画像はこちらリンク先のブログのように写真に白枠と一番外側にグレーの線が入った枠も入ったものにないます。下のサンプルのように枠をつけます。

photoshop elementsで枠をつける

※デジカメで撮影した写真を縮小する方法までは以前の記事を参照ください。 シャープをかけたい方はシャープも適用してください。

 

Photoshop elementsで画像を開き、ホームページ用の大きさまでサイズを縮小します。ここでは600ピクセルまで縮小しています。

photoshop elementsで画像縮小

 

さて次にこの画像の全体を選択範囲として選択します。

操作としては「Ctrl + A」 もしくはメニューから「選択範囲」→「すべて選択」をクリックします。

 

border12052902.jpg

 

下記のように写真全体(外枠)が破線で囲われて、選択範囲になっていることを確認してください。

border12052903.jpg

 

次にメニューの「編集」→「選択範囲の境界線を描く」をクリックします。 これで選択されている一番外側に境界線を入れる作業に入ります。

border12052904.jpg

 

下記の境界線画面が表示されますので、幅を5pxに、カラーの色の部分をクリック(この画面はもう一つ下の図を確認)して白を選択しOKをクリックします。 ※選択範囲が内側になっていることを確認ください。

border12052905.jpg

 

上の画面でカラーの部分をクリックすると下記の画面が表示されます。 丸い枠が見えるはずですので、ドラッグして一番左上の白い色の部分までもっていきます。 最後にOKボタンをクリックしてください。

border12052906.jpg

 

すると下記のように白い5ピクセルの枠付の写真画像が出来上がります。更にこれに作業を続けていきます。

border12052907.jpg

 

画像がまだ全体を選択されたままのはずですので、再度メニューから「編集」→「選択範囲の境界線を描く」をクリックし、下記の画面を表示させます。 そして今度は1pxに幅を設定し、カラーでグレーの色を選択します。 これでOKをクリックすれば完成です。

この画像加工で作成した画像ファイルの保存時は「Web用に保存」をしてください。 Web用に保存に関する記事へ。

border12052908.jpg

 

最終画像は多少一番外枠のグレーの1ピクセルの線は見えにくいかもしれませんが完成しています。

この画像をHPにアップすれば「友の会番人のちょっと一服」ブログの写真のようになります。

どうぞお試しください。

 

 

静岡、浜松、豊橋、群馬のIT勉強会「駿河友の会」では随時テーマを取り上げて勉強会を開催しています。今後はご要望を聞きながらこういったテーマも取り上げていきたいと思います。

駿河友の会への入会や内容についてのお問い合わせは、「駿河友の会」ご紹介サイトお問い合わせからよろしくお願いいたします。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.surugatomo.com/mt/mt-tb.cgi/502

コメントする