Google Analytics アクセスキーワードの確認

| コメント(0) | トラックバック(0)

Googleのアクセス解析ツール google analyticsでホームページにアクセスのあったキーワードを確認する方法を簡単にご説明します。

 (検索エンジン対策の基本についてはこちらを参照ください。)

google analyticsのサイトにアクセスし、ログインします。
ログイン後対象のアカウントから確認したいホームページのアクセス解析画面を開きます。
下図のような画面が表示されると思います。(標準レポートを選択されていない場合、画面上部のオレンジ色の部分の”レポート”をクリックしてください。)

初期状態では集計期間が1ヶ月になっておりますので、これを3ヶ月から6ヶ月くらいに変更しておきます。(1ヶ月ですとデータの数が少ない為。適宜変更してください。)

下図の赤枠部分をクリックします。

 

Google analytics 期間の変更

 

下の画面が表示されますので3ヶ月前(もしくは6ヶ月)の日付を入力し、”適用”ボタンをクリックします。

アクセス集計期間の変更

 

次に、左メニューの中から「トラフィック」→「参照元」→「検索」→「オーガニック検索」の順にクリックしてください。

アナリティクスキーワードの確認画面

 

すると下記のような画面が表示されます。最初はアクセスのあったキーワードの訪問数の多い順に並んでいます。ここで「訪問時の平均滞在時間」もしくは「直帰率」の部分をクリックします。(下図では滞在時間をクリックしています) これで滞在時間の多いキーワード順に整列されます。

滞在時間順に並べ替え

※キーワードのなかにnot providedというのがあると思いますが、これはGoogleにログインしている状態で検索した場合、キーワードが取得できなくなっており、その分の集計です。キーワードのnot providedの記事へ。

この中で新規の割合が高い、(新しく検索エンジン等から入った人)キーワードは、ページの改善によりアクセスを獲得できるいいキーワードになる可能性があります。

※表示件数がデフォルトでは10件ですので、適宜画面下の”表示する行数”で50や100に変更してください。

キーワード一覧 表示件数の変更

 

該当のキーワードのどのページに当たるかを確認します。「セカンダリディメンション」をクリックし、「トラフィック」「ランディングページ」とクリックし、そのキーワードがどのページに該当するのか確認します。

セカンダリディメンションでランディングページの確認

 

下記がそのキーワードとランディングページの一覧です。下の図でランディングページのURLの右横にあるアイコンをクリックすると該当のページが開きますので、実際にページを確認してみましょう。

キーワード別ランディングページの各指標

 

対象のページのタイトル、meta descriptionを確認しましょう。文中などにはそのキーワードが入っていると思いますが、キーワードやmeta descriptionなどに入っていなければ、入れてみるといいです。

検索エンジンの基本的な事項についての記事もご確認ください。

 

===  Google analytics アクセス解析の関連記事  ===

アドバンスセグメントなどの使い方についての記事

コンバージョンまでの日数を確認する記事はこちら。

コンバージョンまでの経路の確認方法はこちら。

目標設定を行う方法の記事

 

写真の撮り方&画像加工講座のご案内

 

2013年3月10日(日)、JR清水駅でしみず防災フェスタ2013が開催されます。東北における大震災の復興支援と防災関連の情報満載のイベントです。どうぞお立ち寄りください。

 

静岡の(有)アイ・リンク・コンサルタントでは、静岡・浜松・豊橋・群馬伊勢崎にてWEB勉強会「駿河友の会」を開催しています。

検索エンジン対策、画像加工方法、アクセス解析、Facebookなどwebに関する最新情報と設定方法など様々なテーマで実施しています。ご興味のある方は弊社事務局までお問合わせください。 
TEL 054-205-3320。

過去に開催した勉強会テーマは下記よりご確認できます。

平成24年度今年度の勉強会日程及びテーマ

平成23年度のweb勉強会テーマ

平成22年度のweb勉強会テーマ

 

よろしくお願いいたします。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.surugatomo.com/mt/mt-tb.cgi/581

コメントする