アクセス解析の最近のブログ記事

Googleのアクセス解析ツール google analyticsでホームページにアクセスのあったキーワードを確認する方法を簡単にご説明します。

 (検索エンジン対策の基本についてはこちらを参照ください。)

google analyticsのサイトにアクセスし、ログインします。
ログイン後対象のアカウントから確認したいホームページのアクセス解析画面を開きます。
下図のような画面が表示されると思います。(標準レポートを選択されていない場合、画面上部のオレンジ色の部分の”レポート”をクリックしてください。)

初期状態では集計期間が1ヶ月になっておりますので、これを3ヶ月から6ヶ月くらいに変更しておきます。(1ヶ月ですとデータの数が少ない為。適宜変更してください。)

下図の赤枠部分をクリックします。

 

Google analytics 期間の変更

 

下の画面が表示されますので3ヶ月前(もしくは6ヶ月)の日付を入力し、”適用”ボタンをクリックします。

アクセス集計期間の変更

 

次に、左メニューの中から「トラフィック」→「参照元」→「検索」→「オーガニック検索」の順にクリックしてください。

アナリティクスキーワードの確認画面

 

すると下記のような画面が表示されます。最初はアクセスのあったキーワードの訪問数の多い順に並んでいます。ここで「訪問時の平均滞在時間」もしくは「直帰率」の部分をクリックします。(下図では滞在時間をクリックしています) これで滞在時間の多いキーワード順に整列されます。

滞在時間順に並べ替え

※キーワードのなかにnot providedというのがあると思いますが、これはGoogleにログインしている状態で検索した場合、キーワードが取得できなくなっており、その分の集計です。キーワードのnot providedの記事へ。

この中で新規の割合が高い、(新しく検索エンジン等から入った人)キーワードは、ページの改善によりアクセスを獲得できるいいキーワードになる可能性があります。

※表示件数がデフォルトでは10件ですので、適宜画面下の”表示する行数”で50や100に変更してください。

キーワード一覧 表示件数の変更

 

該当のキーワードのどのページに当たるかを確認します。「セカンダリディメンション」をクリックし、「トラフィック」「ランディングページ」とクリックし、そのキーワードがどのページに該当するのか確認します。

セカンダリディメンションでランディングページの確認

 

下記がそのキーワードとランディングページの一覧です。下の図でランディングページのURLの右横にあるアイコンをクリックすると該当のページが開きますので、実際にページを確認してみましょう。

キーワード別ランディングページの各指標

 

対象のページのタイトル、meta descriptionを確認しましょう。文中などにはそのキーワードが入っていると思いますが、キーワードやmeta descriptionなどに入っていなければ、入れてみるといいです。

検索エンジンの基本的な事項についての記事もご確認ください。

 

===  Google analytics アクセス解析の関連記事  ===

アドバンスセグメントなどの使い方についての記事

コンバージョンまでの日数を確認する記事はこちら。

コンバージョンまでの経路の確認方法はこちら。

目標設定を行う方法の記事

 

写真の撮り方&画像加工講座のご案内

 

2013年3月10日(日)、JR清水駅でしみず防災フェスタ2013が開催されます。東北における大震災の復興支援と防災関連の情報満載のイベントです。どうぞお立ち寄りください。

 

静岡の(有)アイ・リンク・コンサルタントでは、静岡・浜松・豊橋・群馬伊勢崎にてWEB勉強会「駿河友の会」を開催しています。

検索エンジン対策、画像加工方法、アクセス解析、Facebookなどwebに関する最新情報と設定方法など様々なテーマで実施しています。ご興味のある方は弊社事務局までお問合わせください。 
TEL 054-205-3320。

過去に開催した勉強会テーマは下記よりご確認できます。

平成24年度今年度の勉強会日程及びテーマ

平成23年度のweb勉強会テーマ

平成22年度のweb勉強会テーマ

 

よろしくお願いいたします。

今回もGoogleのアクセス解析(Google Analytics)の一部使い方について簡単にご紹介します。もちろんこのGoogle Analyticsに関しては市販の書籍もたくさんありますので、より詳しく調べたいといった方は書店でお求めください。1500円くらいで簡単なわかりやすい本があります。

 

今回はアドバンスセグメントというカテゴリ(分類)でくくって表示させる方法をご紹介します。

キーワードの見方の記事はこちらへ。

この作業はアドバンスセグメントを設定してからでも構いませんが、 ちなみにコンテンツのページごとに新規とリピータで直帰率などの確認をしようと思いますので、確認するメニューは下図の赤枠の項目をクリックして進んでください。

pageaccess01.gif

 

アドバンスセグメントを設定する場合は、トップのメニューの下にある「アドバンスセグメント」をクリックします。

アドバンスセグメント設定

 

そうしますと下記画面が表示されますので、今回は「新規訪問」と「リピート訪問」にチェックをいれます。

その後適用ボタンをクリックしてすすみましょう。

アドバンスセグメント

 

最初の図にあるように「コンテンツ」→「サイトコンテンツ」→「ページ」と進んでいくと、アクセスの多いページの順で、数値が表示されている画面に変わります。

これで各ページの新規、リピート訪問それぞれのページビュー数や滞在時間、直帰率を確認することができます。

ここでの確認はまずは直帰率をみてみましょう。新規とリピート訪問で直帰率に大きな開きがある場合は、内容やナビゲーション(関連記事へのリンク)など他の情報への誘導がよくなかったりしているはずです。 なんらかの仮説を立ててみて、ページの内容など変更してみましょう。

ページ別の新規リピータの割合と成績

 

最後にこちらは以前にもご紹介したキーワードの取得でとることができなかった「not provided」の比率です。 

3月からGoogleにログインしている状態では暗号化された影響でキーワードの取得が出来なくなりましたが、その際統計は「not provided」となってしまいます。

約2ヶ月経過しておおむね20%の方がログインしているようですね。

ただこの傾向は今後増えてくるのではとも思います。 前回の記事で紹介しましたが、Google検索時に作成者の顔写真(Google+プロフィール写真)が表示されるようになり、クリックされやすくなるため、個人事業者などは著者情報を設定するようになるかもしれません。 そうなると多くの方がGoogle+の登録者数やログインしたままになることも予想されるためです。(現状の登録者数はまだまだですが)

こういったことも今後様子を見ていきたいと思います。

not providedの比率

 

 

 

静岡、浜松、豊橋、群馬のIT勉強会「駿河友の会」では随時テーマを取り上げて勉強会を開催しています。今後はご要望を聞きながらこういったテーマも取り上げていきたいと思います。

駿河友の会への入会や内容についてのお問い合わせは、「駿河友の会」ご紹介サイトお問い合わせからよろしくお願いいたします。

今回もGoogle アナリティクスの話題です。 

コンバージョンまでの経路を確認する項目で、どこから訪問されて何回目のアクセスでお気に入りに入れられたのかなど、一人のユーザーがどの経路からアクセスしているのかを確認することができます。

今回はその応用で、コンバージョン経路を確認する画面で「セカンダリディメンション」で「キーワード」を確認することにより、検索サイト(オーガニック検索)でアクセスされた際のキーワードを把握することができます。

 

コンバージョン経路

 

この画面で下記のようなコンバージョンまでにアクセスした経路がわかります。また右サイドに検索でアクセスされた際のキーワードも確認することができます。

下記の例ですと清水でのイベント関連で検索され、最終的には「駿河友の会 入会」とダイレクトに検索され、コンバージョンされたことがわかります。

コンバージョンのキーワード

 

こちらも最初清水のイベントの検索でアクセスがあり、10回以上のアクセスで確認があって、最終的に「入会」のキーワードで検索され入会ページにアクセスがあってコンバージョンとなっています。

コンバージョンのキーワード

 

このようにどんどんキーワードが変わってくることも確認できます。

特に商品等を販売しているサイトではキーワードの推移が今後設定・SEO対策するキーワード候補のヒントになるかと思います。

 

Google analyticsアクセス解析でアクセスキーワードを確認する方法の記事

新しいGoogleアナリティクスでは、リアルタイムのアクセス状況も把握することができるようになりました。

あまり活用することが無いかもしれませんが、どのエリアから見られているのか、どのページが見られているのかを、リアルタイムで確認することができます。

地域でearthビューの設定をすれば、earthビューの画面で閲覧者の地域がearthビューでみることができます。

 

リアルタイムアクセス

今回は久しぶりにGoogle アナリティクスに関する情報です。

コンバージョン項目で前回はコンバージョンの経路などをご紹介しましたが、今回は期間項目です。ここでコンバージョンまでに要した日数を確認することができます。

特にfacebookなどから新規で訪問したユーザーがどのくらいの期間で最終的にコンバージョンしてもらえたかを確認することができます。

この友の会のサイトですと、特にセミナーのアナウンスをしたため、即日コンバージョンをした例が多いです。また友の会への入会ページにも目標設定しおり、そちらも基本的には入会される方は、アナウンスして直ぐに手続きされるため比較的早めになっているような気がします。

 

コンバージョンまでの日数

 

この友の会のサイトも改善しなければならない点がたくさんあるのですが、現状まだできていません。

特にアクセスがよくあるキーワードで仕事に関連するものも結構あるのですが、そのページの改善ができていないのがよくないですね。

まずはそこから少しずつ改善していきたいと思います。 

考えているだけ・思っているだけでは物事は進みません。実際に行動に移しましょう。

 

Google Analyticsアクセス解析でアクセスされたキーワードを確認する方法のページへ。

前回アシストコンバージョンのご説明をしました。アシストコンバージョンで、コンバージョンした人が最初にサイトに訪れたのがどの経路かを確認できました。

今後はコンバージョンした人が、コンバージョンするまでにどの経路で何回アクセスしているのかを確認できる画面が用意されています。

マルチチャネルのコンバージョン経路をクリックします。

そうしますと下記の画面が表示されます。

例えば「1」の経路のタイプは3コンバージョン、3名いるというこです。これは最初のアクセスはソーシャルメディア(友の会の場合FacebookかGoogle+)から入ってきて、2回目にはノーリファラー(お気に入りに入れてもらったかメルマガ)でアクセスしてコンバージョンとなっています。

「2」の人は参照元リンクから6回アクセスして、ようやくお気に入り、そして7回目にお気に入りからアクセスでコンバージョンされています。

 

コンバージョンまでの経路

 

下図の場合、「15」の方は検索から入ってきて、すぐにお気に入りに入れてもらい、お気に入りから4回目のアクセスでコンバージョンとなっています。 19、20の人もソーシャルメディアから入って、お気に入りかメルマガでのアクセスです。

コンバージョンまでの経路

 

アシストコンバージョンもそうですが、コンバージョンに約立つ経路(検索なのか参照、Facebookか)が実際にはどこで知ってもらってアクセスしてもらっているのかの効果測定をしてみてはいかがでしょう。

 

アクセスされたキーワードを確認する方法はこの記事を確認ください。

Googleアナリティクスでは様々な統計数値が集計されており、いろいろな数値の動向を確認することができます。

ただし、ただ漫然と見ていてももったいないので、やはり何か目標を持って、数値を追っていくほうが励みにもなります。

最終的には誰しもHPでの成果を期待されているかと思いますので、その指標となるような目標というのを設定しましょう。

これは何をするにも大切なことですね。

 

Googleアナリティクスでの設定の場合、目標という項目があります。ここでは、「このページまでいけば目標達成」というページをどれか設定します。なんらかあると思います。

商品のネット販売であれば、商品購入の最終の「ご購入ありがとうございます」のページですとか、資料請求をそくすページやお問い合わせにつなげたいサイトであればお問い合わせ完了のページだとかのページを設定します。

このサイトでは入会申込のページとfacebookセミナー講師派遣に関する案内のページに設定しています。最終的にどの記事から入ったにしろ、そのページまでいってもらえらばいいと設定しています。ここは自由にそれぞれがどのページが目標かを設定してみてください。

下記の画面でどのくらいの方が入会申込までいったか、facebookセミナーまで遷移したかを把握できます。

コンバージョンの確認

 

目標値の設定については右上のアナリティクス設定から入り、目標タブの欄で設定できます。

目標URLの設定

 

アナリティクスでは新しくマルチチャネルという項目ができ、コンバージョンしたユーザーがもともとどの経路から入ってきたかも確認することができます。

例えば下図の場合、「1 ノーリファラー」は終点コンバージョンが23です。 ということは23人はノーリファラー(これはお気に入りやメルマガからのアクセス)からアクセスしてコンバージョンページまでいったということになります。 

アシストコンバージョン

アシストコンバージョンというものがありますが、これはコンバージョンした人の中で、最初にこのサイトに入ってきたときにどの経路で入ってきたかを示しています。

「3 参照元サイト」という項目では終点コンバージョンは1です。参照元(他のサイトのリンクからはいってきた)からアクセスしてそのままコンバージョンした人は1名です。しかしアシストコンバージョンは10ですので、コンバージョンした人の中でもともとは参照元から最初入ってきた人は10名いるということです。

ということですので、1名しかコンバージョンが無かったといっても、実際にはこの参照元がなかったら、10名の人はもともとこのサイトに入ってこなかったかもしれません。

この数値を見る限りでは、参照元サイトから最初入ってきて、何回かのアクセスの際にノーリファラー(お気に入り)に入れてもらって、後日お気に入りからアクセスしてコンバージョンしていると想像できます。

 

こういった数値を確認することで、参照元のリンクや検索エンジン、ソーシャルメディアが最初のアクセスのきっかけになっていることがわかり、実際には有効に働いていることも確認できます。

もっと具体的にどういう経路で何回アクセスがあるかも確認できますので、それは次回に。

 

アクセスされたキーワードの確認方法の記事へ。

以前の記事でご紹介していますが、Google検索でSSL(暗号化)され始めているため、その影響でGoogleアナリティクスにてキーワードの取得ができなくなってきています。

 ※ちなみにGoogleアナイティクスでキーワードを確認する記事はこちらです。

この駿河友の会のサイトでみてみますと、2か月前の1月23日~2月22日までの検索ではキーワードの中にnot providedという表記はありません。しかし2月23日から3月22日までの検索結果ではキーワードのトップにnot providedというものが入っています。これが取得できなかったキーワードで、全体の9.36%という結果です。
 
1月23日~2月22日
Googleアナリティクスキーワード
 
矢印
 
2月23日~3月22日
Googleアナリティクスキーワード最新 not provided急増
 
取得キーワードでnot providedがトップになってきました。
 
この取得できないキーワードはGoogleにログインしているユーザーが検索している数ということですので、このサイトへアクセスユーザーの約10%近くの方がGoogleにログインしているということになります。
 
この傾向も今後のGoogle+やGoogleの他のサービスの普及によっていろいろと影響がでてくると思われます。
 
このキーワードについてはウェブマスターツールで確認することができますので、今後not providedが増えキーワードの確認ができづらくなった場合は、ウェブマスターツールを利用することになりそうです。
 
 
 

===  Google analytics アクセス解析の関連記事  ===

アドバンスセグメントなどの使い方についての記事

コンバージョンまでの日数を確認する記事はこちら。

コンバージョンまでの経路の確認方法はこちら。

目標設定を行う方法の記事

 

 

 

静岡の(有)アイ・リンク・コンサルタントでは、静岡・浜松・豊橋・群馬伊勢崎にてWEB勉強会「駿河友の会」を開催しています。

検索エンジン対策、画像加工方法、アクセス解析、Facebookなどwebに関する最新情報と設定方法など様々なテーマで実施しています。ご興味のある方は弊社事務局までお問合わせください。 
TEL 054-205-3320。

過去に開催した勉強会テーマは下記よりご確認できます。

平成24年度今年度の勉強会日程及びテーマ

平成23年度のweb勉強会テーマ

平成22年度のweb勉強会テーマ

 

よろしくお願いいたします。

運営者

リンク